思春期ニキビができる人、できない人の違い。

ナゼ差がつくの!?思春期ニキビができる人、できない人の違い。

思春期ニキビができる人、できない人の違い。

思春期年代は多くの人がニキビに悩まされますが、中にはまったくニキビができない人もいらっしゃいます。自分はニキビだらけなのに、ある人はニキビができているところすら見たことがない。・・・この差はいったいドコにあるのでしょうか?

 

このページでは、思春期ニキビができる人、できない人をあらゆる角度から検証し、その違いとなり得る要因を比較してみました。

 

自分のニキビ予防に何が足りていないのか?チェックしながら探り当てていきましょう。

 

ニキビができる、できない要因チェックリスト。

思春期ニキビができる人、できない人の違い。

ニキビができる裏側には、何かしらの要因があるもの。そこで「ニキビになりうる要因ごと」に、ニキビができる人とできない人の違いを比較していきます。

 

肌質、体質の差はある程度仕方ない面もありますが、日頃の食生活や生活習慣など、本人の努力次第で変えられる要因も多々あります。

 

以下で自分はニキビの元になる行動をとっていないかをチェックし、該当する際はその部分を改善していきましょう。

肌質面。

皮脂量。

オイリー肌。 普通肌。 乾燥肌。
ニキビになりやすい。 ニキビになりにくい。 ニキビになりやすい。

 

思春期年代は誰もがオイリー肌になるかと思いますすが、オイリー肌がひどいほどニキビになりやすくなります。オイリー肌の度合いは人によりそれぞれで、ここでニキビができやすい人の差が出てきます。逆に乾燥肌もニキビの原因。肌のバリア機能が弱く、外部からの刺激で雑菌が入り込むためです。思春期年代には少なく、むしろ大人ニキビの原因となっていることが多いです。

 

毛穴の大きさ。

大きい。 普通。 小さい。
ややニキビになりやすい。 ニキビになりにくい。 ニキビになりやすい。

 

毛穴の大きさが小さいほど、毛穴詰まりが起きやすく、洗顔が行き届いていない場合ニキビになりやすいと言えます。逆に毛穴が大きい人は、汚れがたまりやすいため洗い残しになっているとニキビができやすくなります。

 

汗の量。

多い。 普通。 少ない。
ニキビになりやすい。 ケア次第。 ニキビになりやすい。

 

汗の量が少ないと、毛穴汚れや老廃物が外に出にくく、洗顔が行き届いていない場合ニキビになりやすくなります。逆に汗っかきの場合、肌は雑菌が増殖しやすい環境となり、これもニキビの元。汗をかいたらすぐに拭き取ることが大切です。

 

ケア面。

洗顔。

毎日している。 気が向いたときにする。 洗顔をしない。
ニキビになりにくい。 ニキビになりやすい。 間違いなくニキビになる。

 

思春期年代は、誰しもニキビができる肌状態にあります。よって朝夕洗顔をして、余計な皮脂や毛穴汚れを取り除くのは当然のこと。洗顔をサボればニキビに直結します。ニキビ知らずの人ほど、しっかり洗顔をしているものです。

 

ケア、予防。

ニキビ用化粧水でケアしている。 普通の化粧水などを使っている。 何もしてない。
ニキビになりにくい。 アイテム次第でニキビを防げない。 ニキビになりやすい。

 

ニキビ予防は、洗顔だけではなく、ニキビ用化粧水を使うことでさらに強固なものとなります。ニキビ知らずの人は、朝夕しっかりニキビ用化粧水を使用し、ニキビができにくい肌を維持しているもの。何もケアしていなければ、ニキビはできやすくなるでしょう。

 

生活面。

睡眠時間。

多い。 少ない。
ニキビになりにくい。 ニキビになりやすい。

 

睡眠時間はニキビに直結する要素。睡眠時間が少ないと、肌の状態が悪くなりニキビもできやすくなります。ニキビができにくい人は、早く寝る習慣がついており、また睡眠時間もたっぷりとっている傾向にあります。

 

食事面。

野菜の摂取量。

多い。 普通。 少ない。
ニキビになりにくい。 ケア次第。 ニキビになりやすい。

 

野菜を多く食べるほど、便通が良くなり、またビタミン類が肌を強めてくれます。ニキビができにくい人は野菜を多く食べている場合が多く、肌がキレイなのもそのためです。

 

お菓子、インスタント食品、ジャンクフードの摂取量。

添加物はあまり摂らない。 普通。 添加物を摂り過ぎ。
ニキビになりにくい。 ニキビになりやすい。 間違いなくニキビになる。

 

添加物を多く摂取すると、それだけデトックスしなければならず、毛穴から老廃物が出てニキビにつながります。ただでさえニキビになりやすい思春期。そこにデトックスが加われば、当然ニキビは増えます。

ニキビができる人は、まずはケア不足を疑いましょう!

思春期ニキビができる人、できない人の違い。

成長期になると、身体を発育させるため成長ホルモンが分泌されます。この成長ホルモンは皮脂を多く分泌させる特性があり、ゆえ成長期は誰もがオイリー肌になってしまいます。

 

よって多かれ少なかれニキビができやすい肌状態になり、もし放っておけば必ずと言って良いほどニキビができてしまうのです。

 

つまり、日頃からケアをしっかり行っていなければ、かなりの確率でニキビができてしまうと言っても良いでしょう。成長期は、ニキビ予防をしっかり行うことが必須なのです。

 

もし人よりたくさんの思春期ニキビができてしまうということは、それはケア不足である可能性があります。

 

自分ではちゃんと予防しているつもりでも、ケアのレベルが足りていない可能性を疑ってみましょう。例えば洗顔を毎日していても、脂っこい食べ物ばかり食べていてはニキビは防げません。またしっかり洗顔をしていても、安くて効果の薄い洗顔フォームを使っていればニキビは治りません。

 

このように、総合点数70点の予防策を行わなければならないのに、50点しか取れていなければ、ニキビは防ぎ切れません。

 

ニキビケアは洗顔だけではありません。それ以外のところでも予防策を実践し、自分のニキビのレベルを超えるケアを行うことで、ニキビを克服することができます。

 

ではニキビ知らずの人は、いったいどのような予防策を行っているのでしょうか?以下では、ニキビ知らずの人が実践している日常的な予防策をあげてみました。ぜひ実践して、アナタもニキビ知らずになってくださいね!

 

ニキビ知らずの人が実践していること、9選。

毎日朝夕、しっかり洗顔&ケアをしている。

ニキビを防ぐためにもっとも重要なことは、朝夕にしっかり洗顔とケアを行うこと。皮脂や毛穴詰まりを落としていれば、めったなことでニキビができることはありません。ニキビ知らずの人は、毎日しっかり洗顔&ケアを行っているものです。

 

良いニキビケアアイテムを使っている。

しっかり洗顔していても、効果の薄い洗顔フォームを使っていてはニキビは防げません。ニキビ知らずの人は必ずと言って良いほど高品質なニキビケアアイテムを使っています。ケアアイテムを代えただけでニキビがなくなることもあるので、良いアイテムを選ぶことが肝心です。

 

→子供のニキビ改善に最適な洗顔&ケア商品選び。

 

脂っこい食べ物を極力控えている。

脂っこい食べ物を食べると、皮脂の量が増えニキビができてしまいます。ですから、油ものはできるだけ控えるようにしましょう。ニキビ知らずの人は、脂っこい食べ物を控えている傾向にあります。日頃の食事でニキビを減らすことができます。

 

野菜をたくさん食べている。

ニキビ知らずの人は、野菜をたくさん食べているものです。便通が良くなる他、ビタミン類は肌の代謝を高め、ニキビができにくい強い肌を作ってくれます。

 

添加物が多い食べ物は食べない。

お菓子やジャンクフードなど、添加物の多い食べ物を摂ると、その分デトックスが必要になります。ニキビができない人は、添加物の摂取量が少ないため、肌からのデトックスが少なく済みニキビができにくいと言えます。

 

→ニキビを防ぐ食生活。

 

汗をかいたらマメに拭き取っている。

汗をかくことはとても良いこと。しかし汗を拭かないままでいると、肌の雑菌が増殖したり、汚れが付着してしまいます。ニキビ知らずの人は、マメに汗の始末をしているもの。汗をキチンと拭くことで減らせるニキビもあります。

 

睡眠時間を8時間とっている。

ニキビ知らずの人は、毎日ぐっすり8時間寝ていることが多いもの。睡眠は身体の疲れを取り、ホルモンバランスを整えることができます。また肌の入れ替わりもしっかり行われるので、ニキビができにくい強い肌になります。

 

夜は早く寝て、朝早起きして宿題をしている。

肌は寝ている間、ターンオーバーと言われる入れ替え作業が行われます。その時間帯は夜10〜2時の間。この時間帯に睡眠状態に入っていることが重要なのです。ですから夜更かしせず、夜は早く寝ること。宿題は朝早起きしてやるのが効率的です。

 

→ニキビを治す睡眠の重要性。

 

思い切り遊んでストレスを溜め込んでいない。

ストレスもニキビの原因の1つ。ニキビ知らずの人は、ストレスを感じにくい性格か、もしくは発散が上手な人。放課後や休日、遊びに行って上手くストレス解消していることが多いです。楽しいと思える時間を過ごすことは、大切ですね。

 

→ストレスと上手く付き合いニキビを解消する方法。

肌質、体質には個人差があり、元々ニキビができやすい人もいる。

思春期ニキビができる人、できない人の違い。

残念ながら、肌質や体質には人それぞれ個人差があります。よってニキビがひどくて悩まれている人の中には、「元々ニキビになりやすい肌質である」というケースが多いのが現状。

 

例えば思春期ニキビの代表的原因であるオイリー肌。元々オイリー肌がひどい人は、当然人よりニキビができやすくなってしまいます。このように元々のベースは逃れようがなく、ある程度仕方ないものと理解しておいたほうが良さそうです。

 

よってニキビケアの度合いも、「どの程度のレベルまで行えばニキビが防げるのか」は人それぞれ。

 

70点のケアでニキビを防げる人もいれば、90点のケアを行わなければ防ぎ切れない人もいらっしゃいます。

 

ここで「自分はニキビになりやすい体質だから諦めよう」という考え方になってはオシマイ。

 

そうではなく「自分はニキビになりやすい体質だから、90点のケアを行わなければいけない。」と、自分に必要なケアレベルを把握し、それを実践することがカギ。

 

どんなにニキビになりやすい体質でも、それに合ったレベルのケアをすれば、ほとんどの場合解決することができます。ですから個人差を悲観せず、自分のレベルに合わせたケアを行い解決していただきたいと思います。

 

→ニキビになりやすい体質と、体質改善について。

 

→当サイトでは、個々のニキビのレベルや、それぞれ違ったニキビ要因に対し、それを改善するための策について解説しております。内容量が膨大となりますので、まずはトップページをブックマークし、お時間のあるときに少しずつお読みください。アナタのニキビが解決できますよう、心より応援しております。

 

≫≫思春期ニキビの治し方・子供のニキビケア!トップ≪≪

 

思春期ニキビができる人、できない人の違い。→おさらい!

  • ニキビができる、できないの差は以下の通り。
  • オイリー肌。
  • 乾燥肌。
  • 毛穴の大きさ。
  • 汗の量と、その始末。
  • 洗顔、ケアをどれだけ行っているか。
  • 睡眠時間をどれだけとっているか。
  • 野菜を多く食べているか。
  • 添加物を多く摂っていないか。
  • 人より多くニキビができる人は、まずケア不足を疑いましょう。
  • 肌質、体質には個人差があり、元々ニキビができやすい人もいる。
  • よって、自分に必要なケアレベルを把握し、それを実践すること。
  • ニキビ知らずの人がやっていること9選は以下の通り。
  • 毎日朝夕、しっかり洗顔&ケアをしている。
  • 良いニキビケアアイテムを使っている。
  • 脂っこい食べ物を極力控えている。
  • 野菜をたくさん食べている。
  • 添加物が多い食べ物は食べない。
  • 汗をかいたらマメに拭き取っている。
  • 睡眠時間を8時間とっている。
  • 夜は早く寝て、朝早起きして宿題をしている。
  • 思い切り遊んでストレスを溜め込んでいない。