思春期ニキビはいつまで続く?いつ終わる?

思春期ニキビはいつまで続く?いつ終わる?

思春期ニキビはいつまで続く?いつ終わる?

成長期になると必ずと言ってもいいほど悩まされる思春期ニキビ。ニキビだらけになったり、顔が赤くなったりと、コンプレックスになってしまう子供さんも少なくありません。

 

基本的に思春期ニキビは、ピークを過ぎると落ち着いてくるものですが、ニキビがあまりにも長引くと、「一生ニキビが治らないのでは?」と不安になってしまうものですよね。

 

そこでこのページでは、思春期ニキビはいつまで続くのか?どれくらいの年齢になれば終了するのか?さらに例えニキビのピークであっても「ニキビゼロ」に予防する方法についても解説していきます。

 

思春期ニキビの原因とメカニズム。→思春期ニキビは身体の成長と連動して起きる。

思春期ニキビは成長期と連動している。

身体の成長と思春期ニキビには密接な関係があり、身体の成長とともにニキビのピークが訪れます。

 

10代の成長期になると、身体を大きく成長させるために成長期ホルモンが分泌されます。この成長ホルモンは身体を大きく成長させる役割がある一方、皮脂を多く分泌させる特性があります。

 

皮脂が多くなれば、毛穴の中の汚れや角質が外に出れず蓄積。すると肌に住み着いているアクネ菌が毛穴汚れをエサとし活動を活発化させ、ニキビができてしまうのです。

 

身体が成長している最中は誰もが皮脂の分泌も多くなるので、思春期ニキビは避けて通れない肌トラブルと言えるでしょう。

 

→思春期ニキビの原因。

 

成長期が終われば、思春期ニキビも終わる。

成長期が終われば、思春期ニキビも終わる。

思春期ニキビは永遠に続くものではなく、身体の成長が終わるのと同時に、ニキビのピークも終わりをむかえます。

 

18歳ころになると、多くの人は身体の成長がある程度ストップすることでしょう。すると成長ホルモンの分泌量も下がっていき、それと連動して皮脂の分泌量も少なくなり、ニキビも落ち着いてくるはず。

 

もちろん身体の成長が終わる時期は人それぞれであり、16歳で終わる人もいれば、20歳まで続く人もいらっしゃいます。

 

しかし思春期ニキビには終りがあるため、一生続いてしまうのではないかと心配する必要はありません。

思春期ニキビはいつから始まり、いつまで続く?

平均的には11歳から始まり18歳で終わる。ピークは12歳から16歳。

思春期ニキビはいつまで続く?いつ終わる?

それでは本題である、思春期ニキビが始まる年代、終わる年代について解説していきます。

 

ズバリ、思春期ニキビが始まるのは11歳ころから。小学5年生あたりから、ニキビがチラホラ出てくる子供さんが多くなるかと思います。ちょうど子供さんの身長がグングン伸びてくる頃とも言えます。

 

そして終了するのが18歳あたり。高校3年にもなると、ニキビが落ち着いてくる方が多いのではないのでしょうか。身長の伸びも、だいたい終わりをむかえます。

 

またニキビが一番ヒドくなる年代、つまり思春期ニキビのピークは、12歳から16歳までの間が平均的。身長がグングン伸びる成長期のピークと並行し、ニキビのピークが訪れます。

 

もちろん人によって個人差はありますので、あくまで目安として参考にしてください。

 

思春期ニキビが始まる年代。

思春期ニキビが始まるのは11歳前後から。

 

思春期ニキビが始まる年齢。

性別。 始まる年代。 平均。

男子。

10歳〜13歳頃。 11歳。

女子。

10歳〜13歳頃。 11歳。

 

思春期ニキビが終わるのは18歳ころが平均。遅い人だと19、20歳。

基本的に18歳には多くの人の思春期ニキビは終了。長くても20歳にはニキビは落ち着く。

 

思春期ニキビが終わる年齢。

性別。 終わる年代。 平均。

男子。

17歳〜19歳頃。 18歳。

女子。

17歳〜19歳頃。 18歳。

 

※人によって思春期ニキビが始まる時期、終わる時期はそれぞれ。上記はあくまで目安としてご判断ください。

 

男子と女子では、男子のほうがニキビ人口が多い。

男子と女子では、男子のほうがニキビ人口が多い。

ここまでの比較では、「男女とも平均的には18歳ころに思春期ニキビが終了する」と記載されております。しかし実際には、女子のほうがニキビケアをよりしっかり行う人が増えるため、高校生にもなるとニキビが少ない状態になっている人が多くなるはず。

 

一方男子はニキビケアをおろそかになりがちな上、ひどいオイリー肌になりがちなので、高校生になってもニキビが続いている人が多いのが現状です。

 

年代ごとの肌質の違い。

男子。 女子。
10〜18歳にかけ、強烈なオイリー肌になる。20歳にはオイリー肌は落ち着くが、それでもオイリー肌傾向が残る人が多い。 10〜18歳にかけ、強烈なオイリー肌になる。18歳ころからオイリー肌が落ち着き、適度な普通肌になる。30代になると乾燥肌になる傾向にある。

20歳以降もニキビができる人は、別なところに原因がある。

20歳以降もニキビができる人は、別なところに原因がある。

20歳にもなると基本的には思春期ニキビは落ち着くものですが、中にはそれ以降もニキビに悩まされる人もいらっしゃいます。

 

20歳以降からのニキビは、思春期ニキビとはタイプが別モノ。ニキビができる原因が異なり、乱れた生活習慣や不健康な食事などからできるのが特徴です。

 

大人になってからできるニキビは大人ニキビと言い、使用するニキビケアアイテムも変わってきますので、そちらも確認しておく必要があります。

 

大人ニキビができる原因は以下の通りです。

 

男性は生まれつきオイリー肌の人が多く、大人になってもニキビができる場合も。

男性の場合、成長期を過ぎてもオイリー肌のままの人が少なくありません。もちろん思春期ほどのオイリー肌になることは稀ですが、それでもオイリー肌が原因でニキビができている場合もあるので、引き続きニキビケアは継続していく必要があります。

 

年齢を重ねるほど乾燥肌になり、ニキビができることもある。

女性は20代後半からどんどん乾燥肌になっていく傾向があります。オイリー肌とは逆の状態ですが、乾燥肌もニキビの原因。肌のバリア機能が弱まるため外部刺激や雑菌の侵入に弱いこと、また乾燥による毛穴の収縮で毛穴詰まりが起こりニキビになることが多くなります。

 

不健康な食事は大人になってもニキビの元。

添加物や脂っこい食べ物を食べすぎていると、大人になってもニキビができやすくなります。脂っこい食べ物はオイリー肌の元に。また添加物の摂り過ぎは、肌からデトックスが行われるためニキビができやすくなります。

 

生活習慣が乱れることでニキビができる。

睡眠時間が足りない、疲れを蓄積しているといった身体の負担も大人ニキビの元。負荷がかかった身体は、この山場を乗り切ろうと、男性ホルモンを分泌しパワーを出します。男性ホルモンは皮脂を分泌させる特性があるので、思春期ニキビ同様ニキビの元となってしまいます。

 

→大人ニキビの原因と治し方について。

基本的に、誰でも思春期ニキビからは逃れられない。しかし、防ぐことはできる。

思春期ニキビからは逃れられない。しかし、防ぐことはできる。

身体が成長することは、誰の身体にも起きること。そして身体の成長と同時に皮脂が分泌され、ニキビになりやすい肌状態になるのも、誰の肌にも起こるものです。

 

よって思春期ニキビは、誰もが逃れられない肌トラブルと言えます。その度合いは人それぞれですが、思春期ニキビは誰もが経験する宿命にあるのです。

 

しかし、努力次第では誰でも防ぐことができます。現在では高品質のニキビケアアイテムがあるので、日頃からしっかりケアをしていれば、ニキビのピークであってもニキビがまったくない状態にすることが可能。

 

ですからこの記事をお読みになったこれを機に、ぜひ思春期ニキビのケアに取り組んでいただきたいと思います。

 

生活面からできる思春期ニキビの予防策。

日々の生活習慣でも、ニキビを防ぐために行える対策はあります。まずは以下の項目を実践し、身体の状態を整えニキビに対抗していきましょう。

  • 睡眠時間をたっぷりとる。
  • 疲れをためすぎないこと。
  • 添加物や脂っこい食べ物は控え、野菜を多めに食べること。
  • 青汁を2週間続け、腸の状態を高めること。
  • 水をたくさん飲み、デトックスをスムーズにすること。
  • お風呂でたくさん汗をかき、毛穴汚れや老廃物を外に出すこと。
  • ストレスを発散する趣味などを持つこと。

 

これらを実践することでニキビの出方はだいぶ変わってくるはずです。詳しくは、以下のページで解説しております。

 

→ニキビを防ぐ生活習慣について。

 

品質の良いニキビケアアイテムを使えば、ニキビゼロも夢ではない。

思春期ニキビからは逃れられない。しかし、防ぐことはできる。

ニキビを防ぐ上でもっとも重要な対策は、品質の良いニキビケアアイテムを使って、日々しっかりケアを行うことです。

 

近年では、相当重症の思春期ニキビでもバッチリ解消できるアイテムが出ております。それらを使えば、例えニキビのピークであっても、ニキビがまったくない状態にまで防ぐことが可能。約5〜8年ある思春期ニキビ期間を、ほとんどニキビに悩むことなく過ごすことも夢ではありません。

 

思春期ニキビ対策に使われる洗顔フォームで一番人気となっているのは、ファーストクラッシュ。洗顔をするだけでケアまでしてくれる簡単ワンステップ洗顔なので、洗顔やケアを面倒臭がる子供さんでも継続できるのが魅力。成分や品質が良いため、ひどいニキビにも対応できます。

 

また重症ニキビになっている場合は、効き目重視のプロアクティブ+がマッチ。殺菌と抗炎症作用で、パワフルにニキビを治してくれます。

 

→ファーストクラッシュの詳細。
→プロアクティブ+の詳細。

 

低品質、安価な洗顔ではニキビを防げない。思春期ニキビは投資を惜しまないこと。

思春期ニキビからは逃れられない。しかし、防ぐことはできる。

ちなみに洗顔類はたくさん売っていますが、品質の悪いものではニキビを防ぎ切れず、子供さんは何年も悩みを背負い生活することになります。

 

ですから少々値段は張るものの、ここは惜しまず良い商品を使って、ニキビの悩みから解放させてあげてください。

 

クラスの中には、ニキビ年代にも関わらず、まったくニキビ知らずの子供さんがいらっしゃいますね?そうした人たちは、日頃からしっかりニキビケアを行っているもの。

 

ですからアナタも、ぜひ子供さんのニキビ改善に協力してあげてください。子供さんがニキビの悩みから解放されれば、気持ちは明るく晴れ、充実した日々を過ごせることでしょう。

 

→上記で解説した通り、例え思春期ニキビのピークであっても、質の良いニキビケアアイテムを使用すればニキビをゼロに防ぐことが可能です。トップページでは、思春期ニキビに最高にマッチする良質なアイテムをピックアップしております。これを知っておけば、ニキビゼロも夢ではありませんので、ぜひ実践してみてください。

 

≫≫思春期ニキビの治し方・子供のニキビケア!トップ≪≪

 

思春期ニキビはいつまで続く?いつ終わる?→おさらい!

  • 思春期ニキビは、身体の成長と連動して起きるもの。
  • 身体を成長させるための、成長ホルモンの特性上、皮脂が多く出るため毛穴詰まりが起き、ニキビができやすくなる。
  • 成長期が終われば、思春期ニキビも終わる。
  • 思春期ニキビが始まるのは平均して11歳ころから。早いと10歳。
  • 思春期ニキビが終わるのは18歳ころが平均。遅い人だと19、20歳。
  • 人によって思春期ニキビが始まる時期、終わる時期はそれぞれ。
  • 20歳以降もニキビができる場合は、原因が異なる大人ニキビであることがほとんど。
  • 基本的にはみんな思春期ニキビからは逃れられない。しかし、しっかりケアを行えば防ぐことはできる。
  • 睡眠時間をしっかりとる。野菜を多く食べる。など、生活習慣から変えていこう。
  • 品質の良いニキビケアアイテムを使えば、ニキビのピークでも万全に防げる。