思春期の子供にできる、首ニキビの治し方。

思春期の子供にできる、首ニキビの治し方。

思春期の子供にできる、首ニキビの治し方。

「首のニキビって、顔用のニキビケアアイテムで治せるの?」と疑問に思う人は少なくありません。

 

首を洗う際、身体を洗う延長でボディソープで洗う人もいれば、顔を洗う際の延長で洗顔フォームを使う人もいます。ここで迷うのが。もし首ニキビができた際、ボディソープと洗顔フォーム、どちらで洗うと良いか?という問題。

 

当然のことながら一般的に使うボディソープや石鹸では、ニキビを治すことは困難。かと言って顔ニキビに使うアイテムを、首に使って良いのか?・・・迷い出したらキリがありません。

 

そこでこのページでは、まず首特有の肌質について理解し、その上でどういうケアが首ニキビを治すために適切であるか、詳しく解説していきます。

 

首の肌は顔とは違う!特に思春期は、皮脂ニキビより刺激ニキビに注意!

思春期の子供にできる、首ニキビの治し方。

首ニキビも顔のニキビと同じように、皮脂や毛穴詰まりによって起っているとイメージしがちですが、実は顔と首ではニキビができる原因は多少異なる場合があります。

 

もちろん首ニキビも皮脂や毛穴詰まりが原因で発生することはありますが、それ以上に多いのが外部からの刺激や雑菌の侵入。首は常に肌を露出していることが多いこと、また顔よりも肌が傷つきやすいという肌質であるためです。

 

以下では顔と首の肌質の違いと、ニキビができる原因について比較してみました。

 

顔と首、肌質の違いと、ニキビができる原因。

顔。

肌質。 ニキビになる理由。
成長期はオイリー肌になりやすい。30代になると、女性は乾燥肌になる傾向にある。 思春期はオイリー肌になるので、毛穴詰まりやアクネ菌の増殖が進みニキビになりやすい。

 

首上部(アゴの下から喉仏)。

肌質。 ニキビになる理由。
成長期や男性は、顔同様オイリー肌になりやすい。女性は年齢とともに乾燥肌になる傾向に。顔に比べ皮膚が薄く柔らかい。 汚れや刺激によりニキビになる傾向が多い。

 

首下部(喉仏から胸元)。

肌質。 ニキビになる理由。
乾燥肌になりやすい。皮膚が薄く柔らかい。 皮膚が薄く柔らかい上、乾燥によりバリア機能が弱く、刺激やダメージによりニキビになる傾向にある。

 

うなじ(首の後ろ)。

肌質。 ニキビになる理由。
乾燥肌になりやすい。皮膚は厚い。 乾燥や外部刺激によりニキビになることが多い。

ボディソープor洗顔フォーム、首ニキビにはどっちを使えば良い?

ボディソープor洗顔フォーム、首ニキビにはどっちを使えば良い?

ここまでの比較した通り、顔と首では肌質やニキビができる原因は変わってきます。

 

顔の思春期ニキビは皮脂の多さでできることが多いですが、首の場合は乾燥や外部からの刺激が原因であることが多いです。

 

となると、首ニキビの場合、皮脂対策や洗浄力を重視した顔用のニキビケアアイテムでは、ミスマッチになることも。かと言って、通常のボディソープで首を洗っていてもニキビは防ぐことはできません。

 

ではどのようなアイテムを使えば、首ニキビにマッチするのでしょうか?以下で具体的に最適なアイテムをピックアップしていきます。

 

首ニキビには、顔も体も洗えるファーストクラッシュを使おう。

首ニキビには、顔も体も洗えるファーストクラッシュを使おう!

顔用のニキビケアアイテムはイマイチ。かと言ってボディソープではニキビが防げない。そんなやっかいな首ニキビには、ニキビ用の洗顔フォームとして使われているファーストクラッシュがベストマッチします。

 

実は、ファーストクラッシュは洗顔だけではなく、身体を洗うこともできる仕様になっております。泡こそ立ちませんが、通常のボディソープ同様タオルに付けて身体を洗うことができ、首や身体のニキビを防ぐことができるのです。

 

ファーストクラッシュは洗浄力がある一方、洗浄後には独特のヌメリとも言える潤いが残り、肌表面をバリアしてくれます。よって肌自体のケアを行いながら、同時に外部刺激や雑菌の侵入から肌を守ってくれるのが強み。

 

顔ニキビを防ぐための洗顔フォームとしてはもちろん、乾燥や外部刺激に弱い首や身体を洗う、ニキビ用ボディソープとしても有効なアイテムです。

 

→ファーストクラッシュの詳細。

 

ファーストクラッシュで首や身体を洗う際の注意点とポイント。

首ニキビを治すなら、ニキビ洗顔であるファーストクラッシュをボディソープとして使うのがベター。通常のボディソープと同様、ファーストクラッシュのジェルをタオルにつけて洗っていきます。

 

ここで問題なのが、ファーストクラッシュは泡立たないということ。泡が出てこないので、身体を洗っているという感覚がなく「ちゃんと汚れが落ちているのか?」と心配になる人もいるかと思います。しかし身体にジェルがついていれば基本的に心配はいりません。

 

普段身体を洗うのと同じように、身体をマッサージするように洗っていきましょう。タオルでのマッサージとすすぎで、身体の汚れは十分に落ちていきます。

 

首は不潔になりやすい箇所。洗い残しや汚れに注意。

首は不潔になりやすい箇所。洗い残しや汚れに注意。

首ニキビができる原因の1つに、洗い残しや不潔な状態になりやすいということもあげられます。

 

身体を洗う際、顎の下から首上部、耳の後ろ、うなじなど、洗っているようで洗えていない箇所ができている可能性があります。

 

また汗の拭き残しもありがち。それにより汚れが付着したり、雑菌が増殖してニキビになっていることも少なくありません。

 

身体を洗う際は、まずは首から洗い始めるのがベター。洗い残しが無いよう隅々まで洗うこと。さらに運動後などに汗を拭くとき、顎の下やうなじなどのデッドスペースも忘れずに拭くことを意識しましょう。

首はヒゲ剃り後のニキビができやすい。→髭剃りニキビの防ぎ方!

首はヒゲ剃り後のニキビができやすい。→髭剃りニキビの防ぎ方!

男子にとって、日頃の髭剃りがニキビにつながっているケースも少なくありません。

 

アゴから首にかけては、ヒゲを剃った後にニキビができやすくなる特徴にあります。首の皮膚は薄く柔らかいため、少々の刺激でダメージを受けやすく、また雑菌が入り込みやすいことがその理由です。

 

ヒゲを剃る際は、やさしいテンションでカミソリを動かしていくこと、またシェーピングクリームを使うことが必須と言えます。

 

首ニキビができたら、髭剃りは電気シェーバーで。

首ニキビができたら、髭剃りは電気シェーバーで。

もし首ニキビができた際は、ヒゲをカミソリで剃るのはリスキー。ニキビを切ってしまったり、カミソリの傷でニキビが悪化する恐れがあるからです。

 

これらトラブルを防ぐため、ニキビができた際は、刃で皮膚を切るリスクの少ない電気シェーバーを使って剃るのがオススメです。

 

なお電気シェーバーで剃る際にも、専用のシェーピングジェルを使い、肌へのダメージを防ぐこと。そしてシェーバーを強く押し当てずに、やさしく剃っていくことを心掛けてください。特にニキビの周りは慎重に、できるだけニキビに触れずに剃るようにしてください。

 

→ニキビができたときのヒゲの剃り方について。

 

ヒゲ剃り後すぐにスクリーノなどでダメージをケアすることが大切。

ヒゲ剃り後すぐにスクリーノなどでダメージをケアすることが大切!

カミソリ、電気シェーバー共に、ヒゲを剃る際には少なからず肌にダメージが加わります。表面の角質が剥ぎ取られたり、細かい傷がつくことがほとんど。よってヒゲを剃り終えたら、すぐにダメージが加わった肌のケアを行うようにしましょう。

 

その際には、男性用のニキビケアクリーム、スクリーノを塗るのがオススメ。ダメージをケアするための栄養を与えるのに加え、肌表面をバリアし外部からの刺激から守ってくれます。

 

オイリー肌の男性向けに作られているためサッパリした使い心地で、もちろんニキビの予防にも役立ちますのでオススメです。

 

→スクリーノの詳細。

 

→当サイトでは思春期ニキビを中心に、あらゆる部位のニキビに対して最適な予防方法を解説しております。また症状や部位ごとに、それぞれ最適なニキビケアアイテムをピックアップしておりますので、トップページにてご自分に合ったアイテムを探し出していただければ幸いです。

 

≫≫思春期ニキビの治し方・子供のニキビケア!トップ≪≪

 

思春期の子供にできる首ニキビの治し方。→おさらい!

  • 顔と首は、肌質が違う。
  • 首上部までは顔の肌質。オイリー肌や毛穴詰まりが起きやすく、顔の肌質と似ている。
  • 首下部、うなじは体の肌質と似ている。乾燥しがちなので、刺激に弱い。
  • 顔ニキビは皮脂と毛穴詰まりによってできるが、首ニキビは乾燥や刺激によってできる。
  • 当然のことながら、通常のボディソープや石鹸では、首ニキビは治せない。
  • 首のニキビには、顔も体も洗えるファーストクラッシュを使うのがベター。
  • ファーストクラッシュは泡立たないが、通常通り身体を洗って問題なし。
  • 首は不潔になりやすい箇所。洗い残し、汚れ、汗の拭き忘れに注意。
  • 首はヒゲ剃り後のニキビができやすい。ひげ剃り後のケアはスクリーノを塗るのがオススメ。
  • 首ニキビができたら、髭剃りは電気シェーバーで。