ニキビ 薬

ニキビに薬を使う前に必ず読んでください!思春期・子供ニキビの薬の危険。

ニキビ薬をうかつに使うのは危険!

ニキビ薬は危険。

ニキビ薬は今の時代、皮膚科から処方されるものだけではなく、ネット通販でも手軽に買えることができるようになりました。安価なものもあり、しかも手軽に手に入るものなので、購入を考えている人もいるかもしれません。

 

しかし、ニキビを治すためにニキビ用の塗り薬を使うのは、あまりオススメできることではありません。

 

そもそもほとんどのニキビ薬は、ニキビを治すものではなくニキビを抑えつけるもの。できたニキビをしぼめることはできますが、根本的にニキビを治すものではなく、その後のリスクを考えれば使わないほうが良いでしょう。

 

海外から輸入しているようなニキビ薬は、日本の薬事法で医師の処方でなくとも手に入ります。こういうものは危険。とんでもない副作用があったりしますし、表記が英語なので使い方も成分もわからなかったりするのです。

 

日本では使用が制限されているような危険な成分が入っていたりして、使ってみたら恐ろしい肌荒れになった!なんてことも考えられ、絶対に使用してはいけません。

 

またニキビを治すために皮膚科へ行き処方された薬でさえも、実はニキビを治すものではなく抑えつけるものなのです。

 

あくまで薬は、ニキビを抑えつける対処療法であり、薬をやめたらさらにボコボコにニキビが発生してしまうのです。特に子供の場合、副作用が尋常じゃないこともあります。ですからニキビ薬に頼ってニキビを治すことはオススメできません。

 

ニキビを治すなら、高品質なニキビ洗顔を使いましょう。

ニキビ薬は危険。

 

ニキビを治すためには、ニキビ薬ではなく質の良いニキビ洗顔を使用することをオススメします。

 

「洗顔をしてもニキビが治らなかった!」というケースは、ほとんどの場合が質の悪い洗顔を使っていたからです。良いニキビ洗顔を使えば、ほとんどのニキビはリスクなく治すことができます。

 

このサイトで紹介しているような質の良いニキビ洗顔なら、ニキビの元となっている毛穴の中の汚れやアクネ菌を洗い流し、根本からニキビの元を洗い流してくれるので最善のニキビケアが行えます。

 

また肌にやさしい無添加でできている商品も多いので、副作用の心配もありません。詳しくはこのサイトのトップにて紹介しております。子供さんやご自分のニキビの状態に合わせてお選びください。

 

≫≫思春期ニキビの治し方・子供のニキビケア!トップ≪≪

 

思春期・子供ニキビと薬の危険。→おさらい!

  • ニキビ薬を使うのは副作用や危険なリスクがいっぱい!オススメできません。
  • 子供の場合、恐ろしい副作用がある場合も。
  • ニキビを改善するなら、質の良いニキビ洗顔を使うのが最善策。