敏感肌、肌が弱い人の思春期ニキビには無添加洗顔!

敏感肌、肌が弱い人の思春期ニキビには無添加洗顔を使うべし!

敏感肌、肌が弱い人の思春期ニキビには無添加洗顔を使うべし!

思春期ニキビを治そうと洗顔フォームや化粧水を始めてみたけれど、肌が弱い人はヒリヒリや不快感でケアを続けられないというケースもあります。アトピーや敏感肌の場合、洗顔フォームすら使えない人もいるほど。

 

しかし、ニキビのピーク時期に洗顔をしなければ、ニキビは増える一方。

 

肌が弱くてニキビケアができない場合、どうすれば肌にやさしく、かつニキビを防ぐことができるのでしょうか?

 

そんな人にオススメなのが、無添加でできたニキビ洗顔。敏感肌やアトピーの人でも、安心して使えるアイテムがあるので、それでニキビを防ぐのがベター。

 

このページでは、肌が弱い人でも使える無添加洗顔の魅力や、ケア方法などについて解説していきます。

 

敏感肌の種類と原因。

肌が弱い、敏感肌といわれるものは、主に以下の種類があります。

 

アレルギー。 生まれつきの体質で、特定の物質に対しアレルギー反応を起こしてしまうという肌質もあります。花粉やハウスダストなどが代表的ですが、もしかしたら使用している洗顔フォームなどに、アナタがアレルギー反応を起こす成分が含まれている場合も考えられます。
乾燥肌。 肌表面をバリアする皮脂の量が少ない、また皮膚内の水分量が少ない乾燥肌も、敏感肌の代表的要因。刺激を受けるとモロにダメージを受けてしまう他、洗顔をしている際などのごくわずかな刺激でも、不快感を感じてしまいます。
アトピー。 乾燥肌により肌のバリア機能が低下していること、身体の耐性が弱いこと、アレルギーなどから、湿疹が出たり、かゆみが発生してしまう皮膚病です。少々の刺激でもかゆみが出ることが多く、肌をケアするにあたり大きな障害になってしまいます。

パワー重視、即効性重視のニキビケアアイテムは、肌が弱い人には向かない場合も。

パワー重視、即効性重視のニキビケアアイテムは、肌が弱い人には向かない場合も。

アトピーや敏感肌の場合、パワー重視のニキビケアアイテムが使えない場合が多いのが難しいところ。

 

ニキビだらけ、赤ニキビなどの重症ニキビになっても、プロアクティブ+のようなパワー系ニキビケアアイテムを使えば難なく解消させることができます。

 

しかしそうしたアイテムは少なからず成分に刺激があるため、敏感肌の人が使えば不快感が出ることが多いのです。

 

いくらニキビを治したいとはいっても、敏感肌の人は、自分の肌に合った範囲でできるケアを行わなくてはなりません。

 

もしかして、低品質な洗顔を使っていませんか?

低品質な洗顔は肌トラブルの元。

「洗顔フォームを使うと不快感が出る」という人の中には、使っている洗顔フォームが低品質だから肌に不快感が出るというケースも少なくありません。

 

洗顔フォームはドラッグストアなどで手軽に購入できますが、安価な商品は品質が悪いことがほとんど。粒の荒いスクラブ(研磨剤)が入っていたり、刺激の強い成分が無駄に多かったり。それらが肌を壊していき、実際にはそこまで敏感肌でない人でも、不快感を感じることがあるのです。

 

このように、アナタの肌が弱いわけではなく、使っている洗顔フォームが悪すぎるというケースも多々ありますので、まずはそこから見直してみてください。

 

品質の良いニキビ用洗顔フォームは、当サイトのトップページにてピックアップしておりますので、その中から選ぶようにしましょう。

 

→思春期ニキビに実績のある、高品質ニキビケアアイテム。

 

洗顔フォームを使わない「水洗顔」は効果はある?

洗顔フォームを使わない「水洗顔」は効果はある?

肌に刺激を与えず、外部の汚れをとる手段として「水洗顔」が有効と言われております。

 

水洗顔とは、洗顔フォームを使わずに洗顔を行うこと。洗顔フォームの刺激がない分、敏感肌の人でもトラブルなく洗顔ができます。

 

(※冷水で洗顔を行うという意味ではなく、普通通りお湯にて洗顔をしていくものです。)

 

しかし、それがニキビに有効か?となると、答えはNO。洗顔フォームを使わないので、毛穴の中の汚れが落ちずに蓄積される一方。いつニキビができてもおかしくない肌状態になってしまいます。

 

ですからいくら肌が弱くても、水洗顔で済ませていてはニキビを防ぐことができないためオススメはできません。

 

→ニキビに水洗顔は有効か?

 

水洗顔のメリット。

  • 肌に刺激を与えないので、痛みや炎症が起きない。
  • 洗顔フォームを使わないので簡単。

 

水洗顔のデメリット。

  • 毛穴の汚れ詰まりが解消できず、ニキビを防ぐことはできない。
  • 皮脂を落とし切ることができないため、ニキビになりやすい肌状態は改善できない。
  • アクネ菌の他、さまざまな雑菌が繁殖しやすい。

肌が弱い、アトピー持ちなどの場合には、無添加のニキビ洗顔を使うこと。

無添加ニキビ洗顔のオススメナンバー1は、ノンエー。

無添加ニキビ洗顔のオススメナンバー1は、ノンエー。

では、肌が弱くてニキビ用の洗顔フォームが使えないという人は、どうすれば良いのでしょうか?

 

最善策は、極めて肌にやさしい「無添加のニキビ用洗顔」を使うこと。

 

最近では肌にやさしい無添加でも、しっかり毛穴汚れや余計な皮脂を取り除くことができる洗顔フォームが売られております。

 

洗浄力に優れ、毛穴汚れをしっかり落とすことができる。また豊富に含まれた良質な美容液分で、ニキビを治す強い肌を作り出す。これらの働きで、ニキビをしっかり防いでくれます。

 

一番のオススメはノンエー。無添加ニキビ洗顔の代名詞とも言える人気アイテムで、肌へのやさしさと高いケア効果が魅力。

 

今までどんな洗顔を使っても合わなかったという人でも、ノンエーなら快適に使用でき、かつしっかりニキビを防ぐことができるでしょう。

 

→ノンエーの詳細。

 

重症ニキビだけど肌が弱くて強いアイテムが使えない人に、究極の裏ワザ!

プラセンタドリンクで身体の内側から肌に大量の栄養補給。

プラセンタドリンクで身体の内側から肌に大量の栄養補給。

もしニキビがたくさんできる、またノンエーだけではニキビが治しきれないという場合には、ケアにもう一押しが必要です。

 

肌が弱くて外的ケアが負担になる人にオススメの方法が、プラセンタドリンクを毎晩飲むという作戦。身体の内側から肌に美容成分を補給し、自らの修復力を最大限高めていくのです。

 

プラセンタドリンクの効果は素晴らしいものがあり、飲んで1時間もすれば肌がプルプルになってくるほどの変化が表れます。それほど強力で、大量の栄養が肌に注入できるということ。

 

なかなか治し切れなかった重症ニキビでも、外的ケアとの相乗効果でみるみる収束していくはずです。

 

→プラセンタドリンクの詳細。

外的ケアだけではなく、生活面から自然治癒力を高めることも大切。

外的ケアだけではなく、生活面から自然治癒力を高めることも大切。

肌が弱い場合、効き目重視のニキビ洗顔が使えないなど、外的ケアをパワフルに行えないことがほとんど。その分、普段の生活習慣からできる「内的ケア」をより強化していかなくてはなりません。

 

また、睡眠不足や添加物の摂り過ぎなど、「普段の生活習慣の中に肌を弱くしている原因がある」可能性もあります。ですからこれを機会にご自分の生活や食を見直し、敏感肌やニキビになりうる要因を断っていくことも大切です。

 

具体的に行っていく生活習慣からの内的ケアは以下の通り。
  • しっかり睡眠をとること。
  • 疲れをためすぎないこと。
  • 添加物や脂っこい食べ物を断ち、野菜中心の生活をすること。
  • 青汁を2週間続け、腸の状態を高めること。
  • 水をたくさん飲み、デトックスをスムーズにすること。
  • お風呂でたくさん汗をかき、毛穴汚れや老廃物を外に出すこと。
  • ストレスを発散する趣味などを持つこと。

これらの生活習慣を徹底し、身体や肌自らの対抗力を高めていきましょう。

 

生活習慣から自然治癒力を高めていく方法については、内容が膨大なものとなるため、以下ページをお読みください。

 

→自然治癒力を高めてニキビを改善する方法。
→ニキビを治す体質改善について。

 

→当サイトでは、あらゆるニキビの悩みに対し、最適な解説方法を解説しております。またトップページでは、肌が弱い人や、重症ニキビの人など、それぞれのニーズに合わせ最適なニキビケアアイテムをご用意しております。アナタのニキビがスッキリ改善されますよう、心より応援しております。

 

≫≫思春期ニキビの治し方・子供のニキビケア!トップ≪≪

 

肌が弱い人の思春期ニキビには、無添加洗顔を使うべし!→おさらい!

  • 敏感肌の代表的なタイプは、アトピーと乾燥肌。
  • パワー、即効性重視のニキビケアアイテムは、肌が弱い人には向かないことが多い。
  • 低品質な洗顔フォームを使っている場合、肌が弱くなくても不快感が出ることがある。
  • 肌荒れ、痛み、かゆみなどが出る場合は、現在使っている洗顔フォームは使わないように。
  • 洗顔フォームを使わない水洗顔は、刺激による肌トラブルは防げるが、ニキビ改善にはならない。
  • 肌が弱い、アトピー持ちなどの場合には、無添加ニキビ洗顔ノンエーがオススメ。
  • さらにプラセンタドリンクを飲み、身体の内から大量の栄養補給することで、自己修復力が高まる。
  • 外的ケアだけではなく、睡眠、食事、たくさんの水を飲むなど、生活面からできる内的ケアを強化しよう。