思春期ニキビが終わるのはいつごろ?

思春期ニキビが終わるのはいつごろ?

思春期ニキビの終わりは成長がストップしてきたころ。

思春期ニキビが終わるのはいつ?

思春期ニキビは、成長期と密接に関わりがあります。

 

そもそも思春期ニキビの原因となるのは、成長ホルモン。

 

成長期に体を発達させるために、成長ホルモンが体を刺激します。これによって体の成長がうながされるわけです。もちろん皮膚にも刺激がいくわけですが、顔の皮膚は成長ホルモンからの刺激により脂を多く分泌してしまうのです。この脂が毛穴の中に詰まって、汚れや菌もたまり、ニキビになっていきます。

 

成長ホルモンが活発化している時期は、肌があぶらっこくなりやすくニキビも発生しやすいというわけです。

 

それでは、思春期ニキビの終わりはいつごろになるのか?

 

もうおわかりですね?思春期ニキビの終わりは、体の成長が終わるころというパターンが多いです。

 

成長期の終わりは人それぞれですが、18歳、19歳にもなると大抵の人なら体の成長はストップすることでしょう。その「体の成長が終わるころ」が、思春期ニキビが終わるころと考えていいかと思います。

 

しかし体質によって人よりも脂の分泌が多い人もいらっしゃいますし、ニキビの悪循環に陥ってしまうといつまでもニキビが治らないまま、という人もいらっしゃいます。こうした方は継続してニキビケアを行っていく必要があります。

 

大人になったら、大人ニキビも発生するので洗顔はしっかりと!

大人ニキビ。

 

成長期が終わり思春期ニキビが落ち着いても、大人になってからでもニキビは発生します。

 

25歳以上になってから発生するニキビは「大人ニキビ」と言われ、成長ホルモンによる脂の分泌とは原因が異なるニキビです。

 

大人にできるニキビの原因は様々。

  • 毛穴の中に古くなった角質がたまり、そこにアクネ菌が増殖するもの。
  • 睡眠不足により肌の修復(ターンオーバー)が足りなかったことによるもの。
  • 洗顔やメイクによる肌への負担やダメージ。
  • ストレスによるホルモンバランスの乱れ。

・・・このような原因でニキビが発生してしまうケースが多くなっております。

 

大人ニキビの改善も、ニキビ専用の洗顔で毛穴の中をスッキリ洗浄し、さらに肌をケアするという工程です。

 

大人になってからのニキビには、「ラミューテ」「ルナメアAC」といったケアを重点的に行える商品がとても有効になります。

 

大人ニキビにも最適な洗顔はコレ!

 

→思春期ニキビは多くの場合成長期の終了と共に減っていき、ニキビのピークは一生続くわけではありません。思春期はご自分の外見にとても敏感になりますので、限りなく清潔感ある状態で乗り切りたものです。ですから、少々値段は張りますが質の良いニキビ洗顔を使って、しっかりニキビケアをしていただきたいと思います。親御さんはできる限り子供さんに協力してあげてください。このサイトのトップにて、思春期ニキビに有効な洗顔をピックアップしておりますので、状態に合わせてお選びください。

 

≫≫思春期ニキビの治し方・子供のニキビケア!トップ≪≪

 

思春期ニキビが終わるのはいつごろ?→おさらい!

  • 思春期ニキビは成長期に出る成長ホルモンによるもの。
  • 個人の体質にもよりますが、成長期が終われば、ほとんどの人は思春期ニキビも落ち着いてきます。
  • 体質的にニキビがひどい人は、継続的にニキビケアを行っていく必要があります。
  • 大人になると、大人ニキビというものががあります。これはケア重視に作られていニキビケアセットで治していきます。
  • 思春期の子供は自分の外見に敏感になります。親御さんは子供さんのニキビケアに協力してあげ、良い商品を買ってあげてください。