思春期ニキビ ストレス 解消

思春期ニキビとストレスの関係。ストレスをためない思考法と解消法。

学校や人間関係で子供の7割がストレスを抱えている!それがニキビの原因に?

思春期ニキビとストレスの関係。ストレスをためない思考法と解消法。

ニキビの原因を考えたとき、肌質やケア面ばかりに目が行きがちですが、実はストレスもニキビ要因の一つ。

 

大人でも仕事の忙しさやストレスによりニキビができることはよくあること。それは子供も同じです。思春期は元々ニキビができやすい年代だけあって、それにストレスが加わり余計ニキビをヒドくさせてしまっている場合があります。

 

ストレス大国である日本では、大人はもちろん子供さんも相当なストレスを抱えている人が多いのが現状。とあるアンケートによれば、実に7割の子供さんが日々の生活で何らかのストレス(悩み、嫌なこと、苦しみ等)を抱えているとの結果があるくらいですから、もはや他人事ではありません。

 

このページでは、ストレスがかかるとニキビができるメカニズムや、上手なストレスとの付き合い方について解説していきます。

 

ストレスがかかるとニキビができるメカニズムと原因。

思春期ニキビとストレスの関係。原因とメカニズム。

ストレスとニキビは一見関係ないものに思われがちですが、実は密接な関係があります。

 

心や身体にとって、一定以上のストレスは「心身に危険な存在」です。そのため過剰なストレスが加わると「このストレスに潰されない」よう、心身に「ストレスを打破するスイッチ」が入ります。この脳に備わった「ストレス対抗モード」により、降りかかる嫌なことや悩みに耐え、精神を大きく崩すことなく私たちは日常生活をおくれているというわけです。

 

しかしストレス対抗モードには少々やっかいな面もあり、これがニキビにつながる要因になっています。

 

ストレス対抗モードに入ると、心身のパワーを発揮するために男性ホルモンが多く分泌させます。この男性ホルモンは「顔の脂を多く出す」という特性があり、毛穴に脂と汚れがたまり、ニキビの原因菌であるアクネ菌が活動しやすい肌状態となってしまうのです。

 

もし子供さんが学校で長時間ストレスを感じているなら、それだけニキビにやりやすい肌状態が続いているということ。ストレスは甘く見れないニキビ要因であるというわけです。

 

ストレスは精神的なものだけではない!「肉体的負荷」もストレスです。

ストレスは精神面の問題と思われがちですが、実は肉体面で受けているストレスも多くあります。

 

例えば体力のない子供さんにとって、持久走は身体的苦痛そのもの。相当量の筋トレや走り込みを行う体育会系の部活動も、肉体的にはストレスがかかっているはずです。

 

もちろん子供さんの体力や精神力アップには必要なことですが、そうした肉体的ストレスも男性ホルモンを活発化させるためニキビにつながっている場合があります。

ストレスがニキビで済めばマシ!病気や鬱につながっては大変です。

思春期ニキビとストレスの関係。病気や鬱。

子供さんの多くが日々ストレスを抱えているわけですが、これが適度なものなら心身ともに成長につながります。しかし一定ライン以上のストレスが続けば、これは良くありません。

 

ストレスによりニキビができる、その程度で済まされれば良いのですが、近年ではイジメなどでリミットを越えたストレスを抱えている子供さんも多くいらっしゃいます。

 

一定レベルを越えたストレスは、鬱病(うつ)に進展したり、その後の性格に影響を及ぼします。それは子供さんの未来にまで関わってくるものです。

 

またストレスが原因であらゆる病気が引き起こされることも多々あるため、甘く見てはいけません。

 

子供は常にストレスにさらされている!上手な解消法を身につけておくべき!

思春期ニキビとストレスの関係。ストレスとの付き合い方。

学校生活、人間関係など、親御さんに見えないところで子供は日々ストレスを抱えているもの。学校生活でのストレスは成長につながる面が多々あるので、その後の人生にプラスになることもあります。しかし過度なストレスを抱えているようなら、改善が必要。

 

子供は自分の悩みを親御さんに隠してしまう場合が多いため、日頃の態度や行動の変化から、子供さんの状態を察知してあげる必要があります。

 

またこのページをお読みになっているアナタ自身が辛い思いをしている場合は、我慢ばかりせず、ときには吐き出してください。

 

アナタの人生が悲惨なものにならないために、ストレスと上手に付き合うすべも解説していきますので、ぜひ実践していただきたいと思います。

ストレスと上手く付き合うには、考え方(思考法)が大事。

思春期ニキビとストレスの関係。ストレスをためない思考法と解消法。

同じ値のストレス要因が襲いかかったとしても、そのダメージの度合いは人それぞれ。

 

例えば楽天的な考えの人であれば、悪口を言われても真に受けないでしょう。しかし内気な人にとっては深い心の傷になってしまいます。つまり本人の性格や考え方で、受けるダメージも変わってくるわけです。

 

根本的な性格を変えるのは難しいですが、考え方を変えれば受けるダメージ量を減らすことができます。

 

子供は人生経験が少ないゆえ、ストレス要因を上手く処理できないことがほとんど。しかし、ストレス要因に対し上手な思考法を実践すれば、現状よりダメージは受けにくくなるはずです。

 

以下では子供さんの日々の中でありがちなストレス要因を汲み取り、それに対するストレス回避の思考法をあげてみます。

 

子供さんのストレス軽減にオススメの3つの思考法。

1日をゲームだと思うこと。

思春期ニキビとストレスの関係。ストレスをためない思考法と解消法。

毎日の生活で襲いかかる嫌なこと。それを「嫌なことを上手にスリ抜けるゲーム」と思って、いかにしてストレスを受けずスリ抜けられるかを、ゲームとして進めていくのがオススメです。

 

毎日はゲームですので、失敗したからと言って自分自身が死ぬわけではありません。そして嫌なことに対して攻略法を見つければ、その発見があるたびに面白くなってくるでしょう。

 

自分の肉体はゲームの主人公、そして自分の心は外側から主人公を操作するプレイヤーとして置き換え、日々をスリ抜けゲームとしてこなしていけば、日々起こる嫌な事柄を軽いストレスで通過することができます。

 

ストレスを与える人を、「アニマルな動物」や「テレビのおバカキャラ」だと思うこと。

思春期ニキビとストレスの関係。ストレスをためない思考法と解消法。

一番のストレス要因といえば、嫌な人からの嫌な言葉、嫌な態度でしょう。

 

そんな「嫌な人からのストレス」を軽減するには、その人を漫画のおバカキャラや、かわいい動物に見立ててみることが有効です。

 

例えば嫌いな人が自分にちょっかいをかけてきたとき、「あ、パンダさんが何かしゃべってる!かわいい(笑)」と思えば、その人が発する言葉はさほど気にならなくなるはず。

 

先生から怒られているときも、「あ〜ぁ、トラン○大統領が、また熱くインチキ演説してるよ・・・。」と思えば、厳しい先生でもなんだかこっけいに思えてきます。

 

このように相手を「人間」と思わずキャラクターや動物に見立ててみることで、ストレス要因を受け流すことができます。

 

テキトーのススメ。

思春期ニキビとストレスの関係。ストレスをためない思考法と解消法。

ストレスを抱えやすい子供さんは真面目で、細かいことまで真に受けてしまう性格であることがほとんど。

 

テストの点数で親に怒られたり、自分の足が遅いがゆえクラスがリレーで負けてしまったり、事あるごとに深い嫌悪感が残ってしまい、日々溜め込むストレス量が半端ではありません。

 

こうした人にオススメの思考法は、「テキトー」な人間であること。

 

テストの点数が悪くても「死ぬわけではないから大丈夫!」と真に受けない。足が遅くてクラスに迷惑をかけても、「自分が好んで足が遅くなったワケじゃないんだから、そんなこと知らねーよ。」と自分で責任を負わないこと。

 

真面目な人は、このくらいテキトーになったほうがちょうど良く、人生が上手くまわるようになるはずです。

 

ストレスはできるだけ早く発散したほうが、心身への負担が少ない。

思春期ニキビとストレスの関係。ストレスをためない思考法と解消法。

ストレスを受けたら、いつまでも溜め込まず、できるだけ早く発散することが大切です。他人や生き物に迷惑をかけなければ、いくらストレス発散をしても問題ありません。

 

ストレスがたまっているなら、ストレス発散の時間を設けることで、心や身体への負荷が軽減されます。

 

ストレス解消法は、趣味やスポーツで楽しいという感情になること、誰もいない場所で思い切り叫ぶこと、思い切り泣くことなど様々あります。

 

心の中で負の感情がグルグル回っているときには、すぐにストレス解消の作業に移ることが肝心。できるだけ早く実践すれば、それだけ心や身体への負担を最小限に減らすことができます。

 

有効なストレス解消法。

思春期ニキビとストレスの関係。ストレスをためない思考法と解消法。

ストレス解消法でもっとも有効とされる方法は、「今の気持ちを思う存分紙に書き出す」こと。人に見られるわけではないので、どんな恥ずかしいことでも、どんなに乱暴な言葉でも書き出すことができ、吐き出し切るまで書けばとてもスッキリできるはずです。

 

紙に書くという行為で、負の感情を外に発散することができる上、脳を整理することもでき気持ちを落ち着かせる効果があります。

 

このときのコツは、書き出した後に「どうなって欲しいのか?自分はどうすれば良いのか?」を合わせて書いておけば、今後の回避策や問題の解決に役立つときがあります。

 

その他、有効なストレス解消法をまとめてみましたので、「他人や生き物に迷惑をかけない」こと、また「不健康、不健全な解消法に走らない」ことをルールに、ぜひ実践してみましょう。

簡単にできる!ストレス解消法。
  • 一人で思い切り泣く。
  • 誰もいないところで思い切り叫ぶ。
  • 公園を走る。
  • スポーツ&身体を動かす。
  • カラオケで歌いまくる。
  • サンドバックを思い切り殴る。
  • 友達に話を聞いてもらう。
  • 疲れを感じたら、寝たいだけ寝る。

などなど。

ストレスニキビであっても、洗顔やニキビケアアイテムでだいたいは解決できる。

思春期ニキビとストレスの関係。ストレスをためない思考法と解消法。

もしストレスが原因でニキビができている場合、ニキビ専用の洗顔フォームやニキビケアセットを使用すれば簡単に治すことができます。

 

ニキビ自体は、ストレスに対抗するため男性ホルモンが分泌され、顔の皮脂量が過剰に増えたことで発生しているものです。ですから過剰な皮脂や毛穴詰まりさえ解消されれば、ニキビ自体は簡単に解決することができます。

 

ここまで解説したストレスとの上手な付き合い方とともに、ニキビ解決に必要な「基本ケア」も、合わせて実践してみてください。

 

→トップページでは、思春期ニキビを解消するための基本となる、ニキビ専用洗顔やニキビケアアイテムを厳選してピックアップしております。思春期ニキビの原因や肌質など、あらゆるケースごとに最適なアイテムをチョイスできるよう解説しております。

 

≫≫思春期ニキビの治し方・子供のニキビケア!トップ≪≪

 

思春期ニキビとストレスの関係。ストレスをためない思考法と解消法。→おさらい!

  • 実に子供の7割がストレスを抱えている。
  • ストレスがかかると男性ホルモンを分泌させ、トラブルを乗り切ろうとする。
  • 男性ホルモンは皮脂を多く出す性質があるため、ストレスがかかるとニキビができるのはこのため。
  • ストレスには精神的なものもあれば、肉体的ストレスもある。
  • 適度なストレスはプラスになっても、過度なストレスは心身ともに害となる。
  • 上手にストレスと付き合えるようになれば、過度なストレスはかかりにくい。
  • ストレスを回避する思考を身につけるのが有効。
  • ストレスを回避する思考法@>1日をゲームだと思う。
  • ストレスを回避する思考法A>嫌な人をキャラクターやかわいい動物に見立てる。
  • ストレスを回避する思考法B>真面目な人ほど、テキトーになること。
  • 他人に迷惑をかけないルールで、マメにストレス解消を!
  • 一番のストレス解消策は、心にある気持ちを紙にすべて書きだすこと。
  • ニキビの原因がストレスである場合でも、ニキビ用の洗顔フォームやケアアイテムを使っていれば大半は防げる。