思春期ニキビを克服する体質改善。

思春期ニキビを克服する体質改善のステップ。

なかなかニキビが治らない人は、体質改善にも目を向け実践していこう。

思春期ニキビを克服する体質改善のステップ。

キチンと洗顔やケアを行っているのに、なかなかニキビが改善されない。そんな悩みを持つ方は多いもの。

 

ニキビができる原因は、単純に皮脂の多さやアクネ菌によるものだけではありません。今できているニキビの裏には、肌質や体内の状態など、目には見えづらいあらゆる要素が関わっているのです。

 

もし体質や体調面にニキビができる要因が隠れているなら、それを見つけ出し、根本から改善していく策が必要となります。

 

この記事では、そうした体質や体内のニキビ要因にも目を向け、体質改善をしながらニキビを克服していく方法を解説していきます。

 

→ニキビになりやすい体質について。

 

外的ケアでは解決できない問題を改善する内的ケア。これが体質改善。

思春期ニキビを克服する体質改善のステップ。

ニキビができる原因には、「外的な要因」「内的な要因」の2種類があります。

 

洗顔がおろそかになっていた、毛穴に角質が詰まるなど、肌に起きているニキビ要因は外的な要因と言えます。これらは洗顔をしっかりするなどの外的な処置で対策が可能です。

 

一方、便通が悪いがため肌からデトックスが起きる、ホルモンバランスが安定しないため皮脂が増える。それら間接的理由によりニキビにできる場合や、身体の中で起きているニキビ要因は内的な要因と言えます。これらはその要因となる根本部分から改善していかなければなりません。

 

もしアナタが、日頃しっかりニキビケアを行っているにも関わらずニキビが改善されない場合、内的要因に問題があると推測できます。よって、ニキビの裏側に隠れた内的要因を探し出し、それを根本から解決する内的なケアを行うことでニキビを治していくのです。

 

ニキビができるメカニズムや、ニキビになりやすい体質については、以下の記事で詳しく解説しております。

 

→思春期ニキビができる原因について。
→ニキビになりやすい「ニキビ体質」について。

ニキビ体質の改善は、ニキビにつながっている内的要因を根本から解決していくこと。

思春期ニキビを克服する体質改善のステップ。

ニキビを根本から改善するということは、ニキビの原因になっている要因の1つ1つを「根本」から改善していくという策と言えます。

 

例えば便通が悪いがため肌からデトックスが行われニキビになっている場合、「便通を改善すること」が根本からの改善策となります。

 

このような策を、ニキビにつながる要因ごと、1つ1つに対し行っていくことが「ニキビを克服する体質改善」と言えるでしょう。

 

外的なケアはもちろん必須ですが、ニキビになりやすい身体の状態、内面からの改善にも目を向け、対策のための行動をとっていくことで、今まで外的ケアだけでは治らなかったニキビを克服することができます。

 

ニキビ体質を克服する、体質改善の策。

食事面からできる体質改善。

ニキビを根本から克服する体質改善において、一番重要な要素は「食事」です。食物は身体の中に入り、あらゆる機能に影響を与えるものであり、ゆえに体質改善にあたりとても大きなウエイトを占める要素です。

 

以下で解説する食習慣の改善は少々ストイックなため、思春期の子供さんにとっては少々辛い面もあるでしょう。しかしニキビ改善だけではなく、その後の健康にも関わってくるパーツですので、ぜひ実践していただきたいと思います。

 

1日1.5リットルの水を飲み、代謝を上げる。

アナタは1日にどれくらい水を飲んでいますか?実は水をたくさん飲むほどに、ニキビ要因を防ぐことができます。

 

身体に取り入れられた毒素を排出するには、それだけ水分が必要。水をたくさん飲めば、それだけ排出もされるということ。不要な毒素を尿や便としてどんどん排出することができる他、血液の毒素濃度も下がり、毛穴からのデトックス量を減らすことができます。すると今までデトックスとして表れていたニキビが減っていくはずです。

 

現代人は水を飲まないという傾向になりがちですが、1日1.5リットルの水を飲むことで身体の代謝を大幅に向上させることができます。休憩時間ごとコップ1杯水を飲むという習慣をつければ、1.5リットルは案外簡単にクリアできるでしょう。

 

お菓子やジャンクフードなど、添加物の多い食べ物を断つ。

10代の子供さんは、お菓子、インスタント食品、ジャンクフードを好んで食べがち。しかし添加物を多く摂れば、それだけ排出もしなければなりません。よって毛穴からのデトックスが起き、ニキビにつながります。

 

子供さんにとっては辛いことかもしれませんが、ニキビになりやすい身体の状態を根本から改善するには、添加物が多く含まれた食べ物を断つ必要があります。

 

野菜中心の食事にする。プチベジタリアンで肌質が向上。

日々の食事もニキビに関わる要因の1つ。皮脂を増やす脂っこい食べ物、甘い食べ物を減らし、野菜を中心とした食事にすることで、ニキビを減らしていくことができます。

 

野菜を多く食べていれば、便通が良くなり、肌からのデトックス量が減ります。また野菜に含まれるビタミン類は肌の耐性を上げ、ニキビの修復を早めてくれます。

 

レシピのすべてを野菜にするのは厳しいので、6、7割を野菜にする「プチベジタリアン生活」を始めてみましょう。

 

→ニキビを防ぐ食事について。

 

青汁を2週間続け腸を快調に!

体質的なニキビ要因の多くは、腸の不調から来ています。(便秘やデトックスの滞りなど。)そんな腸の不調によるニキビを改善するための決定打となるのが、青汁です。

 

青汁に含まれる食物繊維は便通を向上させる他、腸にこびりついた宿便を絡み取ってくれます。するとデトックスがスムーズになり、毒素が肌から排出されにくくなるのです。

 

またビタミン類が豊富に含まれるため、ニキビを早く治す強い肌を作ることにも役立ちます。

 

体質改善で根本からニキビを克服するには、青汁はとても強力な存在。ただし安価なものではなく、品質の良い青汁を選ぶようにしましょう。青汁選びについては以下の記事をお読みください。

 

各項目について、以下の記事にてより詳しく解説しております。

 

→デトックスニキビを改善する方法。
→腸内環境を改善する青汁の選び方。

 

生活面での体質改善の策。

日々の生活の中でも、ニキビにつながる要因を解決できる部分はたくさんあります。

 

以下で解説しているように、生活面を工夫していくことでニキビ要因を減らすことができるので、ぜひ実践していきましょう。

 

1日8時間、しっかり睡眠をとる。

睡眠時間が少ないと疲れが抜け切らず、身体は「この負荷に勝たなければ!」と男性ホルモンを増やし「パワーモード」の状態を作り出します。男性ホルモンは皮脂の分泌を増やす特性を持っているため、ニキビができやすい肌状態になってしまいます。

 

よってニキビを防ぐには、大人も子供も毎日たっぷり睡眠をとることが重要。

 

ホルモンバランスの正常化だけではなく、古い肌を新しい肌に入れ替えるターンオーバーを活発化させてくれますので、ニキビになりにくい強い肌を維持するにも欠かせません。

 

ですから毎日8時間の睡眠時間を確保するよう努めましょう。部活や勉強に忙しい学生さんは、夜10時に寝て宿題は早朝行うのも手です。

 

→思春期ニキビと睡眠時間の関係。
→生活習慣からニキビを治す策。

 

運動したくさん汗をかく。

運動し汗をかくことも、ニキビを防ぐ上で大事な策。汗をたくさんかくことで、毛穴に詰まった老廃物を外に流し出すことができるからです。また古い角質も落ちていくので、肌をフレッシュにするにも役立ちます。

 

運動することで血行が良くなり、ニキビの修復はもちろん、あらゆる身体の機能が向上するので健康面にもプラスと言えます。

 

学生さんは学校生活の中で常に運動をしいられ、たくさん汗をかくでしょう。しかし社会人になると運動不足になりがち。そこで通勤時に駅まで走るなど、意図的に運動を取り入れる工夫が必要です。

 

お風呂で十分あたたまる。

1日の終わりをシャワーで済ますのではなく、お風呂でしっかり温まることが大切です。

 

汗をかくことで老廃物を流し出すことはモチロン、長時間毛穴を開いた状態にすることで、毛穴詰まりを防ぐことができます。またお風呂に入ることで古い角質がより落ちやすくなるので、新鮮な肌を作る上でも欠かせません。

 

ストレスとどう付き合うか。

大人から子供まで、ストレスは避けて通れない問題。もし様々な策を行っているのにも関わらずニキビが治らない場合、ストレスが原因であることも考えられます。

 

過度なストレスがかかると、「この辛い状況に耐えなければ」と、男性ホルモンのパワーで乗り切ろうとします。そのため常に大量の皮脂が分泌された状態になり、ニキビだらけになってしまうケースがあるのです。

 

もし耐えがたい過度なストレスを抱えているなら、思い切ってその環境から逃げてしまうのも手。それは人生そのものを変える選択になるかもしれません。

 

→ストレスによるニキビを改善する。

 

体質改善にはタイムラグがある。長期戦を理解し、継続的すること。

思春期ニキビを克服する体質改善のステップ。

ここまで食事面と生活面からニキビになりやすい身体の要因を改善していく策を解説してきました。

 

これら内的ケアを行う際に理解すべきことは、「体質改善の効果を実感できるまでには、時間がかかる」ということ。すぐに結果が出ないからと言って途中で辞めずに、何ヶ月も継続することが大切です。

 

体質改善の行動が結果として見えるまでには、タイムラグがあります。

 

例えば腸内環境を改善しようと青汁を飲む策を行ったとしましょう。2、3回青汁を飲んだからといって、腸内の宿便は取れません。何度も何度も飲み続け、少しずつ宿便が取れていくため、しばらくは肌からのデトックスに変化は見られないのです。

 

しかしここで辞めたらそれで終了。そのような意志では体質改善には至りません。内的なニキビ要因を根本から改善するには、少なくても半年がかりで継続することが必要。それをあらかじめ理解し、長期目線で継続していくようにしてください。

ニキビケアアイテム選びは間違っていない?正しいニキビケアアイテムの選び方。

例えニキビ体質でもニキビケアアイテムが良ければ簡単に解決できる。

思春期ニキビを克服する体質改善のステップ。

キチンと洗顔やケアを行っているのにニキビが治らない。それは体質などの内的要因だけではない場合もあります。

 

よくありがちなニキビを防げない要因として、ニキビケアアイテムのチョイスミスが多く見られます。例えば安価な洗顔フォームなどを使っていれば、しつこいニキビは治すことができません。それを体質的な問題ではないかと勘違いしてしまうケースもあるほど。

 

思春期に皮脂が多くなれば、体質など関係なしに、誰でもニキビができやすくなってしまいます。そんな場合は、単純に効き目重視のニキビケアアイテムを使うことで、簡単にニキビがなくなるケースがあります。

 

例えばプロアクティブ+であれば、大量の皮脂を取り除き、抗炎症作用で素早くニキビを収束させる働きがありますから、かなりの重症ニキビでも解決することが可能。

 

体質改善とともに、今使っているニキビケアアイテムを見直すことも、必ず行っていただきたい策と言えます。

 

→トップページでは、頑固なニキビでも撃退できる特効のニキビケアアイテムを一覧掲載しております。また当サイトではニキビを解決するためのあらゆる策について解説しておりますので、ぜひブックマークし、各ページを順にお読みください。アナタのニキビが解決されることを、心より応援しております。

 

≫≫思春期ニキビの治し方・子供のニキビケア!トップ≪≪

 

思春期ニキビを克服する体質改善。→おさらい!

  • 洗顔などの外的ケアでニキビが解決できない場合、原因は内的なところにあると推測できる。
  • そうした場合、ニキビになりうる内的な要因を探し出し、それを根本から改善する内的ケアが必要。
  • 体質改善によりニキビを根本から解決する策の例は、以下の通り。
  • 1日1.5リットルの水を飲み代謝を上げる。
  • お菓子やジャンクフードなど、添加物の多い食べ物を断つ。
  • 野菜中心の食事、プチベジタリアンで肌質が向上させる。
  • 青汁を2週間続け腸の状態を向上。
  • 1日8時間、しっかり睡眠をとる。
  • 意図的に運動し、たくさん汗をかく。
  • お風呂で十分あたたまる。
  • ストレスと上手く付き合う。過度なストレスなら環境を変えるのも手。
  • 体質改善には時間がかかるので、長期間の継続が必要。
  • 例えニキビ体質でも、ニキビケアアイテムが良ければ簡単に解決できるかも。